■プロジェクト TECUM とは

プロジェクト TECUM とは、《先を急いでばかりいる数学教育の現状》を憂い、 《より深い理解を通じた数理世界への接近を目指す数学教育の実 現》を目指す、教育改革の運動体です。
いまどきの学校環境では、孤立しがちな《改革を志す数学教員》を応援するために《数理的な知性を尊敬する幅広い社会的ネットワークの存在》 を証明するとともに、教員の一層の自発的な研鑽を激励するために、 《数学と哲学と歴史の立場から数学教育関係者を支援》 するための活動をするものです。
TECUM はこれらの目的にかなうあらゆる活動を模索して機動的に取り組んで参ります。 詳しい資料はこちら

■プロジェクト TECUM に入会するには

入会案内を御覧下さい。数学教育関係者の一般会員の他に、 TECUM の趣旨に賛同し TECUM の活動を応援して下さる賛助会員を熱烈に歓迎します! (ご入会案内

■会報誌『TECUM Letter』について

一般会員のための、研究的機関誌『数学教育のロゴスとプラクシス』のほかに、 賛助会員の方に、TECUM の活動を速報的に報告し、また数学教育についての現代的視点を 共有していただくためのエッセイなどを連載する広報誌 『 TECUM Letter 』を発行します。 数学教育を通じてつなながる賛助会員どうしの輪を広げ、知的な 異業種交流をはかるために賛助会員間の情報交換の場として 『TECUM Letter』が活用されることを期待しています。